皆さま、永六輔さんを尊敬していますか?
私はしています。


DSCN7403_20171018202610568.jpg


「ばらえてい テレビファソラシド」、「2×3が六輔」、大好きでした。
「永六輔の誰かとどこかで」、「永六輔の土曜ワイドラジオTokyo」、いつも聴いていました。
講演も直接、何度も聴きました。
作詞家、放送作家として大尊敬しています。

この<編集長のブログ>は、永六輔の方法論を手本にしています。
私は、このブログをラジオだと思って、ほぼ毎日書いています。


そんな大尊敬の永さんなのですが、晩年の発言には、失望してしまいました。
2011年の大震災以降の選挙のたびに、次のような発言があったからです。

「どこの政党に投票したらいいか、わからない・・・」

この発言を聴いたリスナーはこう思うはずです。

「永さんが言うんだから、選挙に行っても意味はない。だから選挙に行かない!」


さらにアシスタントの女性アナウンサーが怒りながら発言します。

「選挙に行って、白票を投じれば、国民の意思表示になる!」

この発言を聴いたリスナーはこう思うはずです。

「エリちゃんが言うんだから、選挙で白票を投じよう!」


DSCN7404_201710182026122a4.jpg


がっかりです。
老化は、思考力を奪うのでしょうか?

選挙に行かず、投票しない人が増えれば、
特定の支持者、信者がいる極右政治団体が圧勝します。

白票を投じる人が増えれば、無効票が増え、
特定の支持者、信者がいる極右政治団体が圧勝します。

永さんは、TBSラジオにおいて、
選挙の低投票率化を促し、極右政党の支援をしてしまったのです。

永さんを信頼する人は多いので、
数十万人の人が選挙に行かなくなったかもしれません。

まさかと思う方には、当時の録音を聴かせてあげたいです。
私は大ファンなので、10年前からラジオサーバーで録音しています。

永さん自身は、どこかの政治家、どこかの政党に投票していたと思います。
どこに投票したか教えろとはいいませんが、
「自分の頭で考えろ!」くらいの発言は聞きたかったです。


ちなみにこのサインは、年末恒例、紀伊国屋ホールでもらったものです。




Sign book Rokusuke
2017.10.18 Wed l 商品観察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ガチャガチャの造形はネタ切れだと思っていたら、
このような製品が出ました。


DSCN5800_20171005201120451.jpg


一見、馬鹿馬鹿しいと考えてしまいますが、
型さえあれば、印刷を変えるだけで、別製品になります。
有名店が宣伝用の商品として採用したら、受注は増えるはず。

ラーメン店シリーズがあったら、ちょっと欲しいです。




pencil case
2017.10.05 Thu l 商品観察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
これは良いです。
シンゴジラの4形態を再現したフィギュア。
第一形態ばかりダブったら嫌なので、セット¥1200円で購入しました。


DSCN4745_20170415180257f80.jpg


さらに第四形態は、アゴを取り替えると・・・


DSCN4746_20170415180259075.jpg


ガオ~~~~ って、なります。


DSCN4747_20170415180300c70.jpg


このアゴの仕組みということは、ゴジラはヘビの進化形なのでしょうか?

それはともかく、続編が作られるのなら、
「シンゴジラ対ヘドラ」が観たいです。




Capsule toy Shin Godzilla
2017.04.15 Sat l 商品観察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ドラえもんのフィギュアは集めていないのですが、
これはゲットしました。


DSCN5464_20170407172316d5f.jpg


おおおお~~~~ 象のパオパオ、
「ジャングル黒べえ」のキャラクターが立体化された!

しかも、ハンバーガーのセットのおまけ、クーポン使って、¥390円。
超お得!!

走らせると、耳がパタパタ動きます。


DSCN5465_20170407172317283.jpg


「ジャングル黒べえ」はとても愛着があります。
願わくば、登場キャラクターをすべて立体化してもらいたいです。




Paopao
2017.04.07 Fri l 商品観察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
鬼は外、福は内!
皆さま、節分は盛り上がっていますか?

私は幼少期、節分が大好きでした。
なぜなら、いつも以上のおやつが手に入ったからです。


DSCN0482_20170124194212f28.jpg


話は変わって、毎年発売されるこの商品デザインは、
赤塚不二夫プロダクションによるものだったと思います。

で、赤塚先生亡き後も販売される商品およびデザイン・・・
誰によるものなのでしょうか?

さらに現在は猫ブームです。
このお面、鬼と言うより猫です。

さらにさらに、現在「猫忍」というドラマが放映中です。
「猫侍」の続編で面白いです。

大人の事情をひしひし感じるこの企画・・・
責任者は誰だ? ニャロメ!




Setsubun Character 2017
2017.01.24 Tue l 商品観察 l コメント (0) トラックバック (0) l top