その1

東京で感じる地震は無かった。
しかし、テレビの地震速報によると全国で発生しているらしい。


その2

阿蘇山がまた大噴火した。
熊本地震でつぶれた神社に灰が積もっている光景は、
東日本大震災後の岩手に台風による洪水が発生したのと似ていると感じた。
災害は重なるようだ。


その3

もんじゅがやっと廃炉になるらしい。
喜ばしいことではあるが、これまでの建設費用は何だったのだ?
そしてこれからの廃炉費用も!
最初から造らなければ、その費用は教育、福祉に使えたはず、
日本国民はもっと幸せになれたはずである。


その4

新潟県知事選挙がもうすぐ行われる。
争点は原発再稼働だそうだ。
福島原発が爆発したとき、新潟県魚沼地区に
放射能が降り注いだことは、何とかごまかせたが、
柏崎刈羽原発がもし爆発したらごまかすことは出来ないだろう。
どうする? 新潟県民! どうなる? 新潟県産!


その5

2016年夏、地球温暖化により、日本は亜熱帯地方になったらしい。
毎年、地震、台風、水害が日本全国を襲い、被災地を発生させる。
2017年もどこかで大災害は起きるだろう。
だったら、国家予算でそのための費用を確保した方がよいのではないか?
国会の予算審議でそのことを語る政治家がいないような気がする。
目先の儲けでなく、日本の将来を本気で考える政治家の出現に期待する。


その6

福島原発の廃炉費用が無限大になるとのことで、
費用は国民負担にしてくれと、東京電力が政府に要請した。
さらに太陽光発電などの再生可能エネルギーを利用する消費者にも、
廃炉費用を負担させるとのこと。
ニッポン国の志しの低さに唖然とする。


その6

毎週金曜日夜、国会前、反原発抗議活動は継続されているのか?
マスコミは、飽きたようで報道しないが、
怒りは収まるどころか、高まっていると感じる。




66 month after earthquake
2016.10.10 Mon l 自分用メモ l コメント (0) トラックバック (0) l top
2016年9月17日、久しぶりに雨が上がったので、銀座方面へ行きました。
9:30出発


DSCN2865_20160919155433ca7.jpg


外堀通りを走行中に憧れの人に遭遇!


DSCN2866.jpg


いつか会いたいと思っていたが、やっと会えた! フォ~~!!


DSCN2867_2016091915543679b.jpg


番組、録画しなければ。


DSCN2868_20160919155438c1a.jpg


DSCN2869_20160919155439d2d.jpg


DSCN2879_20160919155548c62.jpg


DSCN2883_20160919155550956.jpg


10:30 日本橋


DSCN2891_201609191555511bc.jpg


DSCN2896_20160919155553251.jpg


DSCN2894_201609191555548ea.jpg


DSCN2893_201609191556475b4.jpg


DSCN2898_20160919155649835.jpg


DSCN2904_20160919155732e07.jpg


DSCN2899_20160919155650f99.jpg


DSCN2901_20160919155652758.jpg


DSCN2900_20160919155653b9d.jpg


DSCN2905_20160919155811dec.jpg


DSCN2906_20160919155812003.jpg


DSCN2907_201609191558141ce.jpg


DSCN2908_20160919155815cd7.jpg


DSCN2910_20160919155912219.jpg


本日の目的達成!
原画多数、神田明神に奉納された絵巻の全編・・・
コミック、週刊誌とは違う書き下ろしの最終話は泣けました。

こち亀の最終話は、4種あると解釈できます。
神田明神絵巻は、地域、歴史、文化、人々の暮らしを描いたもの。
コミック版は昔からのファンに向け超悪ふざけ。
週刊誌版は、他の読者に引かれないように配慮したもの。
こち亀展版は、人情ものとしての総括。

40年間ありがとうございました。


DSCN2917_20160919155914b0c.jpg


DSCN2915_20160919155915597.jpg


DSCN2916_201609191559173a0.jpg


DSCN2914_201609191600379a5.jpg


DSCN2918_20160919155918abe.jpg


DSCN2919_20160919160124d51.jpg


DSCN2922_201609191601265c3.jpg


12:00 京橋


DSCN2924.jpg


DSCN2928_20160919160129ec0.jpg


角川映画展は、特に期待していなかったのですが、
見ていたら、胸が熱くなってきました。
犬神家、八墓村、流行っていたよな・・・
あれから40年・・・ 原田知世、薬師丸ひろ子・・・ ああ、青春の時代・・・


DSCN2947_201609191602108bd.jpg


12:30 ラーメンを食べて、奥野ビルへ


DSCN2948_20160919160211132.jpg


DSCN2949_201609191602135e1.jpg


DSCN2951_2016091916021440e.jpg


DSCN2952.jpg


DSCN2956_201609191603017f8.jpg


DSCN2957.jpg


DSCN2959_20160919160304f7e.jpg


「まれ」の再放送ってあるのか・・・?


DSCN2960_2016091916030668f.jpg


あっ、午前中に会った人だ!


DSCN2961.jpg


DSCN2962_201609191603443c5.jpg


DSCN2964_201609191603460e6.jpg


DSCN2965_20160919160347b67.jpg


DSCN2969_20160919160349a08.jpg


DSCN2970_20160919160350144.jpg


15:30 秋葉原、古本、DVD-Rを購入。

10
DSCN2972_201609191605096d3.jpg


缶コーヒーの宣伝文句って、相変わらず大げさ。


DSCN2973_201609191605101d0.jpg


DSCN2981_20160919160512395.jpg


16:00 ロケ現場を再確認。


DSCN2982_20160919160513de7.jpg


DSCN2984_201609191605150e3.jpg

12
DSCN2987_20160919160635447.jpg


曙橋の下は、映画のロケ地です。
http://scoop-movie.jp/


DSCN2989_20160919160637054.jpg


2015年11月、私は目撃しました。
街で出会った有名人 その3
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/blog-entry-2316.html


DSCN2990_201609191606381e2.jpg


帰宅後、ナゲットのセットを夕飯として食べました。
おまけ欲しさです。


DSCN3002_2016091916064081a.jpg


左は背中を覗くと・・・


DSCN3000_20160919160641f69.jpg

13
DSCN3001.jpg


右は・・・


DSCN3003.jpg


ビュン!


DSCN3004_201609191607174d0.jpg


シールもついて、クーポンも使って¥390円!
なぜこの価格が可能なのだ?


DSCN3005.jpg




Diary 2016 09 17
2016.09.19 Mon l 自分用メモ l コメント (0) トラックバック (0) l top
その1

最近、地震が増えてきた。
小さな地震はたくさん起きて欲しい。


その2

台風が北海道、東北を襲い、水害が広がった。
あまちゃんのロケ地、久慈市も浸水した。
テレビの映像を見たら、現在も駅前にはあまちゃんの巨大看板があり、
そこが津波に襲われたような状態になっていたのでショックだった。
さらにあまちゃん資料館が商店街にあったそうで、
そこも泥だらけになってしまったとのこと。
ドラマの中では、川が分岐しているので、
津波は分散されて被害はなかったと説明されていたが、
今回の台風では川の合流地点になったため、被害が出てしまった。
自然の力は恐ろしい。


その3

東北に建設されている防潮堤の様子を写真展で見たら、
海が見えない巨大な壁、津波が来たら倒れそうな薄さ、
水圧に耐えられないであろう、黒四ダムとは逆向きの構造
・・・絶望的な気分になった。


その4

福島原発の汚染水問題がまったく解決しない。
地下水の流入を防ぐための凍土壁はまったく役立たず。
根本的な解決をしたかったら、
原発の周りを掘って、水路を造れば良いのではないか?
水の流れを止めるより、流入を防ぐのなら、
水の逃げ道を造るべきではないか?
ブラタモリを見ていてそう思った。

増え続ける汚染水は、納豆のネバネバ成分で
放射性物質を凝固させる作戦を試したらどうだ。
なぜ試さない?

福島原発は手に負えないので、
2020年の東京オリンピックが終わったら、
チェルノブイリと同じように石棺にするという話を聞いたが本当か?


その5

福島原発事故後の作業で被曝し、
白血病になった元作業員に労災が認定された。
これで二人目だそうだが、同じように働いて被曝した人は多いはず。
当時、被曝線量をごまかされて、癌、白血病になった場合、
労災は認められるのか?

チェルノブイリのときと同じだ・・・非道い話である。


その6

伊方原発での避難訓練の映像をテレビで見たら驚いた。
半島の先端に住む住民たちは、
放射能を吐き出す原発の横を通過しなければならない。
以前から指摘されてきたことだが、こんなに近くを通るとは知らなかった。
なぜマスコミはもっと早く報道しなっかったのだ。
報道したら再稼働反対運動が全国で起こっていただろう。
と言うか、反対されないために報道しなかったのだろう。


その7

鹿児島県知事が停止を要請しても無視する川内原発。
核保有を進める国の意向か?


その8

経済産業省前の脱原発テントが強制撤去された。
本当であればマスコミは大きく取り上げただろうが、
オリンピックでお祭り状態だったので、ほとんど報道されなかった。
と言うよりは、行政にとって都合の悪い事なので、
報道されにくいオリンピックの時期に強制撤去を行ったのだろう。

ちなみに撤去された敷地にはフェンスが設置され
立ち入りできないようになっている。
しかし、抗議活動を続ける人達はその前に座り続けている。
核保有政策を進める国との戦いは続く。




65 month after earthquake
2016.09.10 Sat l 自分用メモ l コメント (0) トラックバック (0) l top
その1

地震は先月より少なくなったが、
震源地は東京に近づいているような気がする。


その2

参議院選挙、福島では野党統一候補が勝利した。
現政権に痛めつけられた県民の意志の現れなのか、
沖縄も同様の結果になった。


その3

各地で起こっている原発再稼働差し止めの裁判、
電力会社は地方裁判所では、さっさと事務的に敗訴し、
最高裁判所で勝訴すればいいという戦術を行っているとのこと。
現在の最高裁判所は、国民よりも、国を守る。


その4

経済産業省前の脱原発テントが強制撤去されることになり、
さらに約3800万円の支払い命令も出された。
国はこのような裁判を行う余裕があるのなら、福島の復興を急ぐべき。


その5

2016年夏、電力不足の報道がない。
どうやら日本の電力は、太陽光発電、風力発電
などの普及により余っているようだ。
よって原発を再稼働させる理由はない。

ニッポン国が原発を維持したがるのは、
ウラン、プルトニウムなど、兵器に転用出来る核を
保有したいからなのか?


その5

この頃、スキャンダル、選挙、猟奇殺人、テロ、オリンピック
などの報道ばかりで、震災復興の情報が伝わってこない。

2010年、東京オリンピック時、仮設住宅は無くなっているのか?




64 month after earthquake
2016.08.10 Wed l 自分用メモ l コメント (0) トラックバック (0) l top
その1

地震は時々ある。
震源は、茨城、千葉。
だんだん東京に近づいているような気がする。


その2

東京電力がまた隠蔽工作をした。

福島原発が爆発した当時、メルトダウンしているのに、
メルトダウンしていないと言い続けた件、
官邸から炉心溶融という言葉を使うなという指示があったとしている。
しかし、具体的に誰から指示されたかを語らず、
当時の官邸関係者に聴き取りもしていない。
元官邸関係者は、そのような指示は誰も出していないと怒っている。

今回の第三者検討委員会による調査結果は、
当時の政権のイメージを悪くし、
選挙で現政権が有利になるように作られたようだ。

そしてそれを実行したメンバーの一人は、ハードディスク破壊議員、
ワイロ都知事、無駄遣い都知事を守った弁護士とのこと。

強欲な政治家、官僚、大企業経営者とその仲間達による
原子力村は復活したようだ。


その3

東日本大震災、東北の復興だけでなく、
熊本大地震に関する報道がまったく無くなった。

報道されるのは、テロ、ゲスなスキャンダル、猟奇殺人事件、
さらに始まってもいない東京都知事選挙ばかり。
明日投票の参議院選挙についてすら、まともな報道が極端に少ない。

震災復興について報道すると、現政権のイメージが悪くなるからか?

選挙では、まともな政治家、政党に投票するしかない。




63 month after earthquake
2016.07.09 Sat l 自分用メモ l コメント (0) トラックバック (0) l top