この記事は、2017年3月の記事の続きです。
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/blog-entry-2809.html



2017年5月現在、目眩まし報道が連続しています。
それは総理大臣による犯罪をうやむやにするため、
および共謀罪を成立させるためです。

総理大臣記念小学校設立のためには、
約10億円の国有地がタダ同然で売却されてしまいました。
総理大臣オトモダチ獣医大学設立のためには、
約37億円の土地が無償で提供され、
さらに今後8年間で64億円の補助金が支払われます。

総理大臣は、国有地や国民から集めた税金を
自分の所有物だと考えているようです。

もし同じ事が韓国で起これば、逮捕され、
裁判にかけられ、刑務所に入ることになるでしょう。

しかし日本では、強欲金権腐敗党の一党独裁政権の状態なので、
官僚もマスコミも命令に従い、政権を必死に守っています。
官僚たちは、犯罪立証の証拠書類を廃棄または、隠蔽をしています。
マスコミは、一般国民の目をそらすための報道を続けています。


マスコミの目眩まし報道はいろいろあります。

ハリウッド大物日本人俳優の不倫報道、
元アイドルグループの男性の大麻所持、
これらは予想通り起こりました。

連日報道される北朝鮮によるミサイル発射は大げさすぎます。
もっと深刻なはずの韓国ではそれほど大きく報道されないそうです。
日本国政府は国民に恐怖心を与え続け、
自分たちの支持率アップに利用しています。

文部科学省の証拠書類は本物だと証言した官僚が現れたら、
オトモダチ新聞社がその官僚の風俗店通いを報道しました。
証言の信用性を無くしたかったからでしょう。

1971年、渋谷暴動事件の中核派犯人逮捕の件は、
共謀罪成立を応援するために、警察が犯人を泳がせて、
タイミングを合わせて逮捕したように見えます。


皇室婚約スクープは、NHKによるものです。
なぜあのタイミングだったのでしょうか?
おかげでほとんどの新聞が一面で扱いました。

最近のNHKは本当に非道いです。
「ごごナマ」というバラエティ番組を編成し、
国会中継をしなくなりました。
共謀罪の強行採決も中継されませんでした。
見せれば、反対運動が起こると考えたのでしょう。
国民に真実を知らせるという姿勢は無くなりました。

2017年5月6日に放送されたNHKスペシャル
「日本国憲法 70年の潮流~その時、人々は~」は、
新聞の朝刊にはタイトルがありましたが、
ハードディスクレコーダーの予約ページには、
朝、タイトルも内容も表示されませんでした。
なぜ?
番組では、軍国会議の存在が紹介されました。
だから?

かつて「クローズアップ現代」は良い番組でした。
しかし現政権によりキャスターが降板させられ、
遅い時間帯に移動させられ、再放送も無くされました。
しかもテレビ朝日の報道番組と同時間帯なので、
テレビ朝日の視聴率を下げる役割をしています。

国民に見せないという手法は、目眩まし報道の亜種です。


総理大臣が言い始めた憲法改正も目眩ましの一種です。
新聞、テレビ、ラジオ、週刊誌が憲法改正について記事にすると、
総理大臣記念小学校、総理大臣オトモダチ獣医大学、
共謀罪についての記事が減ります。
そして自分の犯罪をうやむやにすることが出来ます。


近年、新聞、テレビ、ラジオ、週刊誌を
見ない読まない人々が増えています。
その人々の情報源は、インターネット、SNSです。
目眩ましをしたい現政権としては、別な目眩まし手法が必要です。

以前、カップ焼きそばが製造中止になったとき、
そして製造再開されたとき、ネット上は大騒ぎになりました。

今年、ポテトチップスが一部製造中止になったとき、
ネット上は大騒ぎになりました。

そして現在、大人気のスナック菓子が製造中止、販売中止を発表しました。
えっ? 東京では今でも人気があって、よく売れているのに・・・
なぜ、このタイミング?
それはともかく、ネット上では現在、大騒ぎが続いています。

自分たちが大好きだった食べ物が無くなると発表すると、
巨大な話題になるのは確実なようです。
この現象、大手の広告代理店だったら気づいているはずです。
さらに大騒ぎになった商品は、後に売り上げが伸びます。
企業はそれに気づいているはずです。

私には、今回のスナック菓子製造販売中止の件、
強欲金権腐敗党、強欲な大企業経営者、強欲な広告代理店が
計画した目眩まし作戦のように見えます。

次は何の食べ物、飲み物が製造中止になるのでしょうか?

詐欺行為、目眩まし報道には気をつけましょう。




Watch out for the dizzying incident!
2017.05.29 Mon l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2902-4b56cfaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)