暴力団、ヤクザの抗争事件などにおいて、
組長が組員に殺害命令を出す場合、
「○○を殺せ!」とは言わないそうです。
「よろしく頼む。」くらいのボンヤリした会話だそうです。

そうすると殺人を実行した組員が逮捕されても、
「組長から命令されたわけではない。
 自分が勝手にやったことだ。」となります。
よって組長は無罪になります。

部下が上司の顔色をうかがって、
その心をおしはかることは、
日本の社会ではよくある事のようです。

今回の総理大臣記念小学校事件では、
財務省の官僚が8億円の値引きの実行犯です。
誰に忖度したのでしょうか?
財務省の長は、財務大臣です。

ということは今回の主犯は・・・
ナチスがワイマール憲法を無効化していったように、
日本国憲法もじわりじわりと潰していけばいい。
ナチスの手口に学べ。
と発言したあの人かもしれません。




What is sontaku?
2017.03.27 Mon l 教育 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
ナチス時代のドイツでは、ヒトラーの意向を“忖度する”ことが常態になっていたとのことです。ヒトラーの覚えがめでたければ、それだけ自分の出世や権力拡充に繋がるからです。「ヒトラーの意図を実現することがドイツのためなのだ」と本気で信じていた人もいたようです。出世競争や権力闘争が激しくなれば、忖度した結果に基づく行動は次第に過激になっていきました。

【引用開始】
彼らは(コメ者注:ヒトラーの古参闘志で、ヒトラーがポーランド占領地域の民政のトップとして抜擢した者たち)自分が何を期待されているかを知っており、定期的で詳細な指示は不要だった。
ヴァルテガウ(コメ者注:ポーランド占領地域にある地名)は、「総統のために働く」やり方の明確な事例を示した。ナチ幹部はヒトラーの望みや意図を見越して、それをいっそう過激な行動に移した。
【引用終了】
イアン・カーショー著「1936-1945 天罰/ヒトラー:下」289頁

上記以外にも、上・下巻で何回か「総統のために働く」ということについての言及があります。

著作権の関係で文献の引用がマズいようであば、削除して下さい。

2017.03.28 Tue l 怠惰の清盛. URL l 編集
No title
21世紀になっても、理想の未来が描けないのは情けないですね。

情報ありがとうございます。
2017.04.09 Sun l 編集長. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2835-8f448f6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)