天皇陛下の退位に関して、
<一代限りの特例法>が作られることになりました。
陛下の願いが叶い、良かったと感じる人は多いと思いますが、
私は、陛下および皇室に対して、何と無礼極まりない法律なのだ!
と考えています。

理由は、現在の天皇陛下には適用するが、
次の天皇陛下には適用するとは限らない。
そのときの政権の意向で退位の可否は決める。
というものだからです。

現政権、強欲金権腐敗党の憲法草案には、
ニッポン国を天皇を中心とする神の国にするとあります。
国民からは人権を奪い、子供を洗脳し、国防軍を設立し、
国家に逆らう意見を持つ者は弾圧します。

話がそれますが、特定秘密保護法、戦争法、共謀罪閣議決定、
総理大臣記念小学校設立などは、すべてこの教えに基づいています。

強欲金権腐敗党員たちは、
天皇を利用するモノだと考えているようです。
天皇から任命された我々がニッポン国を治める。
戦争を起こす場合、天皇の命令により開始する。
すべての責任は天皇にある。
我々は天皇の命令に従うだけなので、責任は無い。
というのが本音ではないでしょうか?

陛下のお言葉直後、現政権は、
<一代限りの特例法>で対応すると宣言しました。
これも無礼極まりない行為です。
あらかじめ決まった結論に導くために人選し、
有識者会議を行いました。
そして、思い通りに<一代限りの特例法>を作りました。

現政権、強欲金権腐敗党は、
「天皇は完全にアンダー・コントロールできている!」
と宣言しているように見えます。




What is the exceptional method for one generation?
2017.03.25 Sat l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2833-41693d8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)