2017年1月、アメリカの新大統領が就任したら、
アメリカおよび世界はどうなるのだろうと盛んに論じられていますが、
私は、既視感でいっぱいです。


かつて東京では、見た目、言動がそっくりな人物が都知事をしていました。
傲慢な態度で、核武装をしたがり、中国を支那と蔑んでいました。
トラック、ダンプカーの排気ガス規制はとても良かったと思いますが、
無理矢理設立した銀行は、破産し、莫大な借金を作り、
尖閣諸島を都が買うと言い出し、中国との国交を悪化させ、
毒物で汚染された豊洲に新市場を無理矢理建設し、
東京オリンピックを誘致し始め、結果、莫大な費用で国民を苦しる。
政策は負の遺産だらけとなりました。

よってアメリカも似たような事になると思います。
アメリカ国内での雇用は、ほんの少し増えますが、
差別が増大し、他国との関係がこじれ、戦争を増やし、
無駄な公共事業で借金を作る。
貧富の格差はさらに広がり、
国民皆保険を無くすので、貧しい人々が死んでゆく。
そして個人的な利益を得られるだけ得たら、
任期の途中で辞任すると思います。


アメリカ新大統領のマスコミに対する態度は、別な人物を連想させます。
自分にとって都合の悪い報道をする社を徹底的に弾圧する様は、
まるで日本の総理大臣のようです。

と言うことは、数年後・・・
アメリカ合衆国憲法を改正すれば、
アメリカは、さらに偉大な国家になれる。
・・・などと言い始めるかもしれません。


現在のアメリカは、自国の将来を知りたかったら、
日本を学ぶべきです。
歴史は繰り返します。
狂った時代は、周期的に訪れます。


ちなみに、長官たちを自分の身内で固めるのは、
駄目な独裁国家、私物化帝国の典型だと思います。

Goodluck America !




America's Future
2017.01.20 Fri l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2768-ae933fcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)