その1

東京で感じる地震は無かった。
しかし、テレビの地震速報によると全国で発生しているらしい。


その2

阿蘇山がまた大噴火した。
熊本地震でつぶれた神社に灰が積もっている光景は、
東日本大震災後の岩手に台風による洪水が発生したのと似ていると感じた。
災害は重なるようだ。


その3

もんじゅがやっと廃炉になるらしい。
喜ばしいことではあるが、これまでの建設費用は何だったのだ?
そしてこれからの廃炉費用も!
最初から造らなければ、その費用は教育、福祉に使えたはず、
日本国民はもっと幸せになれたはずである。


その4

新潟県知事選挙がもうすぐ行われる。
争点は原発再稼働だそうだ。
福島原発が爆発したとき、新潟県魚沼地区に
放射能が降り注いだことは、何とかごまかせたが、
柏崎刈羽原発がもし爆発したらごまかすことは出来ないだろう。
どうする? 新潟県民! どうなる? 新潟県産!


その5

2016年夏、地球温暖化により、日本は亜熱帯地方になったらしい。
毎年、地震、台風、水害が日本全国を襲い、被災地を発生させる。
2017年もどこかで大災害は起きるだろう。
だったら、国家予算でそのための費用を確保した方がよいのではないか?
国会の予算審議でそのことを語る政治家がいないような気がする。
目先の儲けでなく、日本の将来を本気で考える政治家の出現に期待する。


その6

福島原発の廃炉費用が無限大になるとのことで、
費用は国民負担にしてくれと、東京電力が政府に要請した。
さらに太陽光発電などの再生可能エネルギーを利用する消費者にも、
廃炉費用を負担させるとのこと。
ニッポン国の志しの低さに唖然とする。


その6

毎週金曜日夜、国会前、反原発抗議活動は継続されているのか?
マスコミは、飽きたようで報道しないが、
怒りは収まるどころか、高まっていると感じる。




66 month after earthquake
2016.10.10 Mon l 自分用メモ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2657-7d99bb21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)