2016年7月29日、本日、東京都知事選挙の二日前、
羽田空港に新ルートが作られ、都心にジャンボジェット機が低空飛行し、
今後は騒音問題が起こるという報道がありました。
新ルートは、すでに地元(品川区? 大田区?)の了解を得ているので、
実施されるそうです。

今後、品川区、大田区では、午後の時間帯、
大型ダンプカーが発する音と同様の爆音が、
毎日、何十回も、上空で響きわたるそうです。

これは、すべて、オリンピック開催に向けて、
海外の観光客を呼び込むための政策だそうです。

私の居住地区でも、ジャンボジェット機が高度900メートルで通過することになるので、
今後は、イライラ、ムカムカ・・・ 地獄のような毎日を過ごさなければならないようです。

なぜ、このような時期にニッポン国政府は政策を発表したのでしょうか?

住民による反対運動が起こっても、強欲な都知事が当選すれば、
民意が反映された・・・ よって、後の祭り・・・ どさくさ紛れの戦略なのでしょうか?

このような重大問題を、なぜニッポン国政府は隠していたのでしょうか?
参議院選挙が終わったから??


いずれにせよ、2日後の都知事選挙では、
羽田空港の新ルートに反対をする人物に当選してもらいたいです。



話は変わって・・・
今回の件、東京都民の一部の人々は、
沖縄の人々の気持ちがわかるようになるかもしれません。




Haneda Airport as an issue, the noise problem
2016.07.29 Fri l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2583-55f15db8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)