2015年11月26日、白熱灯と蛍光灯の製造および輸入が
2020年度までに禁止されるとマスコミ報道がありました。

現政権は、省エネが目的だとしていますが、
真の目的は、落ち目の家電メーカーを救済するためだと思います。

すでに日本国内のメーカーは白熱灯の製造をしていません。
値段の高いLED電球を製造販売した方が儲かるからです。

かつて日本国内のメーカーは、
全社が白熱灯を製造中止すれば、
消費者はLED電球を買わざるを得ない!
よってメーカーは大儲け!・・・となるはずでした。

しかし、白熱灯の輸入は禁止されなかったので、
消費者は、輸入品を買い続け、作戦は失敗しました。

今回は、現政権の命令、省エネトップランナー制度の名の下に、
白熱灯さらに蛍光灯の製造および輸入を禁止しようとしています。
日本国内でLED照明以外の選択肢を無くせば、
消費者はLED照明を買わざるを得なくなり、
今度こそ国内家電メーカーは大儲け! となります。


このやり方は、文化、技術を否定するものです。

白熱灯は消費電力は大きいですが、
自然の発光なので目に優しいです。

蛍光灯は消費電力が小さいですが、
放電による発光なのでちらつきがあります。

LEDは消費電力がさらに小さいですが、
点滅しているので不自然な光です。
虫は寄ってきません。
さらに他の電気機器に悪影響することがあります。

どれを選ぶかは、消費者です。
国家が禁止するべきことではありません。


もし白熱灯と蛍光灯の禁止が実現したらどうなるでしょうか?

貧しい人々は、明かりの無い暮らしをさせられる・・・?
それを助けるためにと莫大な税金が使われる・・・?

国内メーカーは一時的に莫大な利益を得られる!!!

しかし、LED照明は、寿命が長いので、買い換え需要は無く、
以降、全く売れなくなり・・・倒産!

かつてテレビのアナログ放送が終了し、
地上波デジタル放送に切り替わるとき、
政権が家電エコポイント制度の名の下に、
テレビの買い換えを促進しました。

国内の家電メーカーは一時的に莫大な利益を得ましたが、
その後、テレビは売れなくなり、
家電メーカーは、実質的な倒産をしていきました。

過去に学ばない家電メーカーは、同じ過ちを繰り返すと思います。

白熱灯と蛍光灯は寿命が短いので買い換え需要はあります。
少ない儲けでも、メーカーは存続出来ます。
家電メーカーは、電気の文化、技術を捨てるべきではありません。


2016年夏の参議院選挙では、
白熱灯と蛍光灯の禁止は争点になっていません。
それは業界団体が早い時期に、
白熱灯と蛍光灯の禁止は無いと否定したからです。
選挙前に争点にしてしまったら、
現政権が不利になってしまうからでしょう。

白熱灯と蛍光灯の禁止の件、
現政権が選挙で大勝したら、実行されると思います。




Why ban the incandescent lamps and fluorescent lamps?
2016.06.22 Wed l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2546-60d2d88d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)