アメリカ軍のオスプレイ4機が援助物資輸送のため、
熊本へ向かうことになりました。
被災地を助けることは素晴らしいと思うのですが、
なぜオスプレイなのでしょうか?
普通のヘリコプターでは出来ないのでしょうか?

日本の自衛隊には、多数の輸送用ヘリコプターがあるはずです。
本来なら自衛隊が積極的に援助物資輸送出来たはずです。
被災地では水や食料が届かずに困っている地域がありましたが、
数日間、放置されました。

話は変わって、1972年のあさま山荘事件では、
機動隊員に当時新発売のカップヌードルが配布され、
それを食べる様子がテレビで全国に放送され、
カップヌードルは大ヒット商品になったというエピソードがありました。

話を戻して、
今回のオスプレイによる輸送は人々に好印象を与えるはずです。
オスプレイ配備賛成派は増えるでしょう。

このような宣伝効果を考えたのは誰でしょうか?
大手広告代理店かもしれません。
起こってしまった大地震、
どうせなら利用しようと考えたのは誰でしょうか?
自衛隊に対して、援助物資輸送をさせなかった人物かもしれません。




Why fly the Osprey ?
2016.04.18 Mon l 教育 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

オスプレイ
編集長

 客観的に見ると、オスプレイって高性能なんですよ。
 積載量も高く、機体は同じくらい積めるヘリコプターよりは小型で、しかも高速ヘリコプターの1.5倍の速度で飛べる。

 悪いイメージがあるのは承知していますし、イメージ戦略も勿論あるかとは思いますが、物資輸送の面から合理的な機体ではあるんですよ。

 我々は援助してもらう側です。援助を必要としている以上、援助してくれる相手がどんな方法で援助しているかについて問うのは筋違いだと思いますよ。
2016.04.18 Mon l 物欲の帝 from CHINA. URL l 編集
No title
日本の自衛隊には、オスプレイの2倍の輸送能力があるヘリコプターが70機あるそうです。

内閣は、オスプレイは災害に有効な手段だと閣議決定を行ったそうです。

転んでもタダでは起きないといったところでしょうか?

コメントありがとうございます。
2016.05.02 Mon l 編集長. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2473-5a4c2137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)