本日、風呂に入るために服を脱いでいる途中、
直立した状態で左足の靴下を脱ごうとして
左足を上げて、右手で靴下を引っ張りました。

そうしたら、靴下は脱げず、右手がすっぽ抜けました。
右手は、反動で頭の上に行き、
左手は、バランスをとるために腹の前に行きました。

あれっ? このポーズ・・・間抜け・・・
まるでシェーみたいだ・・・ ひょっとして?!


赤塚先生はこの状況から、シェーのポーズを考案したのかもしれません。


または!
靴を脱ごうとして、手がすっぽ抜けた状況がヒントになったのかもしれません。
そう考えると、イヤミの靴下がだらしなく脱げかけなのが納得出来ます。


御本人に確認したいのですが、それはかないません。

東京都豊島区南長崎、紫雲荘・・・また行かなければ!
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/blog-entry-242.html

推し松女子は参拝しているのか?




The reason for pause
2016.04.08 Fri l 文化 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

シェー誕生秘話
編集長

http://www.asagei.com/excerpt/13639

ちなみに、イヤミならびにシェーを考案したのは、アシスタント(正確には共同執筆者に近い)から漫画家になった高井研一郎先生です。
2016.04.08 Fri l 物欲の帝 from CHINA. URL l 編集
No title
情報ありがとうございます。

「シェー」という音声について考えました。

1960年代当時、流行していたのは、オリンピックでの「ウルトラC」・・・「C」が「シェー」になった?

スーパーマンの「スーパー」が「シェー」になった?
ポーズにSが入っているような気もしますし・・・


別な話

スーパーマンを調べていたら、ウルトラマンという名の敵キャラがいることを知りました。
2016.04.16 Sat l 編集長. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2463-dfab3277
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)