強欲金権腐敗党党首が、突然、辺野古埋め立て中止、
裁判での和解案を受け入れると宣言しました。

ああ、これでやっと沖縄に平和が戻る!
素晴らしい決断だ!・・・と思う人はいますか?
もし思ってしまったなら、それは詐欺にひっかかった証拠です。

今回の和解は、夏の参議院選挙で圧勝し、
日本国憲法を潰し、独裁政権を樹立するための作戦です。

本来であれば辺野古に関する裁判は永遠に続き、
マスコミはそれを報道します。
報道され続ければ、強欲金権腐敗党は悪いイメージになり、
選挙での得票数が減ってしまいます。

しかし、とりあえず和解しておけば、
裁判は行われず、報道もされません。
悪影響は避けられます。

そして選挙で圧勝した後、
辺野古埋め立てを再開してしまえば良いのです。
裁判が再開されても当分選挙はありませんから、
いくら国民が泣こうが、わめこうが、関係ありません。

これは、ずる賢い作戦です。

この作戦を立案したのは誰なのでしょうか?
私は大手の広告代理店が行っていると想像しています。
選挙のたびに作られる悪知恵スローガン、
選挙前に行われるカネのばらまき、
マスコミを使った情報操作など。
マーケティング、シナリオ・・・良く出来ています。

景気回復を叫んだ選挙後は、
特定秘密保護法案が強行採決されました。

消費税アップ延期を叫んだ選挙後は、
戦争法案が強行採決されました。

2016年夏の選挙では何を叫ぶのでしょうか?
辺野古和解? 従軍慰安婦解決?
それだけでは足らないので、
私は消費税アップ延期を叫ぶと思います。
そして選挙で圧勝したら、
狂った新憲法を強行採決すると思います。

ストップ! 和解詐欺!! 私は騙されません。




Stop! Settlement fraud
2016.03.05 Sat l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2429-6e7bfe23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)