2016年2月20日~3月27日、西新宿、
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催されている
「FACE展 2016」へ行きました。
目的は、若い作家の作品を観るためです。


DSCN8172_201602232111369c9.jpg


過去2回観た印象は、素晴らしい! ・・・なのですが、
正直言って、陰鬱で重苦しい作品が多かったです。

この傾向は、現在の日本美術界を覆っているように感じます。
明るい未来が描けない社会で生きていると、
自然に暗い作風になってしまうのかなと想像しています。

としたところ、今回のFACE展は、明るくポップな印象を受けました。
使われている色も爽やか・・・
抽象的なものより、具象的なものが増えたような・・・ なぜ?


DSCN8195_201602232111373ce.jpg


審査の基準が変わったのでしょうか?
保険会社が主催なので、
死よりも生を感じさせる作品を評価するようになったのでしょうか?


DSCN8191_201602232111388fd.jpg


いずれにせよ、私は観ていて嬉しい気分になりました。

常設のゴッホのひまわりも観られるのでオススメします。


DSCN8178_201602232112186b3.jpg


Always Look on the Bright Side of Life・・・ 

https://www.youtube.com/watch?v=jHPOzQzk9Qo




Sompo Japan Nipponkoa Art Award Exhibiton 2016
2016.02.23 Tue l 文化 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2417-52ea2621
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)