2016年2月、日銀がマイナス金利を導入しました。

一般の銀行、各金融機関が日銀にお金を預けなくなれば、
お金は、一般企業のための融資にまわり、
一般企業は繁栄し、景気回復するいう理屈です。

この政策は上手くいくのでしょうか?

各金融機関のお金の在庫が増えることと、
一般企業がお金を借りることは無関係だと思います。


各金融機関は、日銀に預けて儲けていた金額分を
何とか得ようとするはずです。

現在、マイナス金利を開始し、数日が経過しました。
報道によると、各金融機関は大企業の預貯金に対して
マイナス金利を実施するそうです。
さらに今後、一般人の定期預金の金利引き下げ、
ATMの利用料金引き上げなどをするそうです。

各金融機関にとっては当たり前の自衛策です。

現在、一般人の貯金をマイナス金利にはしないと言っていますが、
本当でしょうか?

苦労して働き、稼ぎ、銀行に¥100万円を預けたら、
10年後に¥90万円になって戻ってくる。
そんな時代はもう目の前に来ていると思います。


なぜ、このようなメチャクチャな経済政策が行われたのでしょうか?

それは、日銀がすでに経営破綻したからだと思います。

日銀自体が各金融機関に対して利子が払えなくなったのでしょう。

現政権発足以来、異次元緩和と称し、日銀は大量の国債を買い、
世の中にお金を溢れさせ、見せかけの景気回復を演出してきました。
やっていることは、戦時中の日本軍が偽札を作り、
中国で物資の調達をしていたのと同じです。
お金は印刷すれば、いくらでも作って、使える。
そんな詐欺的な手法が使えなくなってきたのだと思います。

マイナス金利政策の表向きの理由は、景気回復ですが、
私には、日銀の断末魔の叫びのように聞こえます。

現政権が用いる綺麗な言葉には、
必ず裏の意味があるので、一考しました。




Why the Bank of Japan was in the negative interest rates?
2016.02.05 Fri l 経済 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2398-b6df7f16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)