夫婦同姓の制度は、憲法が定める男女平等の違反すると訴えた裁判の結果、
2015年12月16日、最高裁は夫婦同姓は合憲だと判断しました。

女性は男性の所有物であるというのが根本思想だと思います。
そして最高裁判所は、国民ではなく、国を守るための存在だと感じました。

15人の裁判官の意見は分かれました。
男性10人が合憲、男性2人女性3人が違憲、多数決により合憲になりました。
これは男性による数の勝利だと思います。
もし裁判官が全員女性だったら、今回の判断はどうなっていたでしょう?
たぶん違憲という判断になったと思います。


DSCN4573_201512211746185df.jpg


ちなみに現在の国にとって、同姓、別姓はどうでもよい小さな問題です。
それはすでに全国民に対して、マイナンバーと呼ばれる
12桁の数字による個体識別番号を割り当てたからです。
これにより個人情報、所得は、全て国により管理されます。
結婚しても離婚しても番号が変わることはありません。

国民は番号で管理する! 家畜の管理と同じだ!
よって名前なんてどうでもよい! ・・・となります。

なのでこの裁判、後数年後に行われていたら、
夫婦別姓は認められただろうと思います。


私が今回の裁判で一番気になったのは、
子供の姓についてです。
名前は親が勝手に付け、
姓は親の離婚、再婚でころころ変わるのは、可哀想です。
いずれ子供たちが人権無視だと訴訟を起こすかもしれません。


話は変わって、「あまちゃん」のアキちゃんは、最初、姓が<黒川>でした。
岩手県に転校し、母の離婚により<天野>になりました。
ドラマのほとんどは<天野アキ>を名乗っていましたが、
ラストで母が再婚し、姓が<黒川>になったはずです。
しかし<黒川アキ>を名乗ることはありませんでした。
というより、そのことについてはドラマ内で一切語られませんでした。

どうなっているのでしょうか?
戸籍上は<黒川アキ>、芸名は<天野アキ>ということでしょうか?
ひょっとしたら「あまちゃん」は、
子供の別姓問題を提示した社会派ドラマだったのかもしれません。


DSCN4574_2015122117461958f.jpg




I was thinking about the judgment of the husband and wife separate surnames litigation.
2015.12.18 Fri l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2345-8528fe48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)