文化学園服飾博物館で開催されている「衣服が語る戦争」展へ行来ました。
理由は、連続テレビ小説「カーネーション」の大ファンだからです。


DSCN0941_201507272005518b0.jpg


この学校の卒業生は、日本のみならず、世界へ影響を与えています。
素晴らしい・・・ それはともかく、オシャレモンペは実在したのか?

いざ見学スタート!

んん~~~、 なんて真面目な展示!

戦時中に日本人が着せられた服は限りなく、惨めで、悲しいのだけれど、
説明文に主観的な文章が一切ありません。
客観的な事実を学術的に淡々と説明しているので、見ている側が考えさせられます。

んん、んんん~~~、 強欲な権力者の殺人ゲームに付き合わされると、
一般市民は、このような惨めな服で拘束されるのか・・・
配給制度・・・ フザケルナ!!!
戦前、戦中のニッポン国って・・・ 狂っている!!!!!

子供用の軍服・・・ キモチワルイ・・・

金属などの素材が使えないからって、この靴?!  ボタン?? ありえない!

オシャレモンペ・・・ 本当にあったんだ・・・
観たら悲しくなりました。


DSCN0939_2015072720055294f.jpg


もうすぐ、戦争法案が強行採決され、日本はこれから軍事態勢になります。
オシャレ好きな女子、小さなお子さんおよびその保護者、軍装マニアの皆さまは必見です。
未来予測のために是非ご覧ください。


詳細はこちら
http://museum.bunka.ac.jp/
開館時間が短い、休館日が多いことに御注意ください。


ファッション・モンスタ~~~

ファッション・モンスタ~~~




I went to the exhibition "war clothes talks".
2015.07.27 Mon l 文化 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2194-172b4a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)