現在の日本は、戦争をする国、軍国主義になろうとしています。
「カネ儲けのためなら人を殺してかまわない。」
という考えの思想集団に占拠されているからです。

八紘一宇(はっこういちう)は、彼、彼女らの根本思想です。


DSCN1158_20150715114316277.jpg


「道義的に天下を一つの家のようにする。」

何と素晴らしい考えなのだろう・・・と言いたいところですが、
かつて日本は、韓国、中国、アジア諸国に戦争をしかけ、
侵略、植民地化しました。
八紘一宇は、それを正当化するために用いられた言葉、スローガンです。

日本からすれば、アジアをひとつの国にまとめて、
共に暮らすのは素晴らしいと言うつもりかもしれませんが、
韓国、中国、アジア諸国からすれば、
イギリス、フランスなどに代わって、別な侵略者が来ただけです。

例えると、強盗に入られて困っている家に、新たな強盗が入り、
「前の強盗を追い払ったから感謝しろ。カネを出せ。
 飯を食わせろ。この家は貰った。文句があるなら殺す。」
と言うようなものです。


DSCN1155_201507151143182f5.jpg


強欲金権腐敗党の勉強会では、
八紘一宇の素晴らしさを学んでいるようで、
先日も若手の女性議員が、八紘一宇を讃えていました。

私は、八紘一宇を本気で正しいと信じている人物がいたら、
その人物を日本を破壊する売国奴だと考えます。
その理由は、アジアがひとつになるのが正しいのなら、
現在の中国が日本を侵略し、植民地にしたとしても、
それは正しい行いであるとなるからです。
八紘一宇は、中国で用いられた慣用句が元のようです。
中国が用いても不思議ではないのです。


DSCN1164_20150715114626294.jpg


現在の強欲金権腐敗党はますます新興宗教団体のようになりました。
意味不明な国会答弁を聞いていると、
オウム真理教事件当時の<ああ言えば、ジョーユー>を思い出します。

さらに「私は教祖だから、私の言っていることは正しい。」
とまで言い始めるようになりました。


選挙でまともな人物を選ばないと、
大切な命、財産、家族は失われてしまいます。



ところで、皆さま、この八紘一宇の碑はどこにあるか、ご存じですか?


DSCN1145_201507151143196fd.jpg


亀岡八幡宮の境内です。


DSCN1147_20150715114320496.jpg


DSCN1148_2015071511432215f.jpg


DSCN1149_20150715114754492.jpg


DSCN1150_20150715115531c7e.jpg


DSCN1159_2015071511475669c.jpg


さらに防衛省陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地の隣りです。


DSCN1161_20150715114757f71.jpg


駐車場からは、軍用車両を見ることができます。


DSCN1162_20150715114759a62.jpg


DSCN1163_201507151148013fc.jpg


もうすぐ戦争法案が強行採決されます。
自衛隊員の方々はどうお考えでしょうか?

私にとって、これまでの自衛隊員の方々は、
災害救助で多くの人命を救ってくれた命の恩人です。
戦わずに国土防衛、大規模な復興作業、感謝でいっぱいです。

しかし、戦争法案が成立したら、教祖さまの命令により、
我が軍として、アメリカ軍の下請けになり、
イスラム教の人々を殺害することになります。
そうなったら、尊敬の対象にはなりません。
むしろ憎しみの対象です。


DSCN1142_20150715115012040.jpg


自衛隊員の方々の考えは、マスコミ報道されません。

もし私が自衛隊員だったら、辞職します。
戦争に行って、命を落として、靖国神社にまつられて、
残った家族に遺族年金が出ても嬉しくはありません。
もし生きて帰ってきても精神疾患になり、
まともな生活が出来なくなるのも嫌です。
退職金が貰える内に辞めます。

戦争に行きたくないと考える自衛隊員は少なくないと思います。
もし、自衛隊員全員が一斉に辞職したらどうなるのでしょうか?

軍艦、戦闘機、戦車、ミサイル、小銃があっても、
それを操作する人間がひとりもいない・・・

ひょっとしたら平和な日本を取り戻せるかもしれません。




Universal brotherhood
2015.07.15 Wed l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2182-d4a673c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)