その1

2月17日、東北で大きな地震があった。
久慈市で津波20cmと聞くとドキッとする。


その2

2月22日、福島第一原発の排水溝で
放射性物質の濃度が通常の70倍に上がった。
原因は不明、汚染水は漏れ続けている。
凍土壁を作る実験は全くの役立たず。


その3

これまで原発再稼働をさせるために、
太陽光発電事業を抑圧してきたが、
さらに新規の火力発電事業も抑圧し始めた。
二酸化炭素排出量を抑えるために、
高性能の発電所でなければ、新設を認めないというもの。
嫌がらせである。


その4

四国電力伊方原発が、川内原発、高浜原発に続き
再稼働の審査に合格した。
緩和された基準に合格しても意味はない。
ジェット機が突っ込んだり、
ミサイルが撃ち込まれた場合の安全性については誰も語らない。


その5

原発が爆発した場合の避難計画がずさんである。
半径5km圏内の住民はすぐに逃げろ。
半径30km圏内の住民は屋内待機しろ。
その後、放射能の飛散状況が確認出来たら逃げろというもの。
要するに30km圏内の住民の一斉避難は出来ないので
計画しなくてよいとしているだけ。
これに納得する住民はいるのか?
放射能の飛散状況はどうせ公表されないぞ。


その6

福島では、放射線量の測定を国に任せず、
住民達が独自に測定しているとのこと。
素晴らしい取り組みである。


その7

先月書き忘れていた件、
ガイナックスが新会社「株式会社福島ガイナックス」を設立した。
http://www.gainax.co.jp/wp/archives/post-4650/
素晴らしい!!


その8

2015年度予算が国会で審議されているが、
原発再稼働を認めた自治体には
多額の地方交付金を配る予算が含まれている。
疲弊した地方は、また原発マネーで騙されるのか?
子や孫の将来の安全安心よりも、今の自分の幸せが欲しいのか?


その9

2月26日、東電が汚染水漏れを隠蔽していたことが発覚した。
2014年4月以降、福島第一原発2号機の建屋の屋上にたまった
高い濃度の汚染水が、雨のたびに海に流れ出していた。
隠蔽した理由は原因不明だったからとのこと。
現政権は、低い値なので問題がない、
状況はコントロールされていると発表した。
海に流れた放射能は薄まるからと考えているのだろう。


もうすぐ震災後4年になる。
復興、原発に関して考えると
日本がいかに駄目な国なのかが見えてくる。
日本の未来について、考えない、話し合わない。
ひたすら目の前の金儲けのみ。
そのためには平気で嘘をつく。

例えば、本気で原発を再稼働させたいのなら、
核のゴミを無毒化する技術を開発する。
完全に事故が起きない原発を建設する。
現在の福島の放射能汚染地域を完全に元に戻す。
それから行うべきである。

国の志しの低さが情けない。




47 month after earthquake
2015.02.26 Thu l 自分用メモ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2037-0a39d3c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)