皆さま、最高裁判所の判決には満足していますか?
私はしていません。

昔からの公害裁判などを見ていると、
人々を守るためというよりも、
国(政治家、官僚、大企業経営者とその仲間達)
を守るためのように感じます。

一票の格差裁判では、現在の国会を違憲状態としました。
国を守りました。

違憲状態という言葉は最悪の発明品です。
内閣が暴走し、憲法違反をしても、
裁判のたびに違憲状態とすれば、内閣の悪行を黙認出来ます。

たしか日本は、民主主義の国で、
三権分立という制度があったと思うのですが、
どこへ行ってしまったのでしょうか?

そんな最高裁判所の裁判官は辞めさせることが出来ます。
今回の衆議院選挙では、同時に最高裁判所裁判官国民審査があります。
罷免すべきだと思う裁判官の氏名の上の欄に×印を記入するだけです。

最高裁判所の裁判官についての情報は極めて少ないです。
一票の格差裁判では、次のような報道がありました。

「裁判官15人のうち、11人の多数意見。
 4人が違憲と判断した。
 このうち元内閣法制局長官の山本庸幸裁判官は、
 格差の大きい一部の選挙区について無効とする反対意見を述べた。」

合憲とした11人って誰? 
違憲とした山本さん以外の3人って誰?
マスコミは報道しません。

私なりに調べました。
オフィシャルサイト内の判決文にありました。
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/647/084647_hanrei.pdf

11人とは、桜井龍子、金築誠志、千葉勝美、白木勇、岡部喜代子、
大谷剛彦、寺田逸郎、山浦善樹、小貫芳信、山崎敏充、池上政幸、

4人とは、大橋正春、鬼丸かおる、木内道祥、山本庸幸でした。


今回の最高裁判所裁判官国民審査では5人の審査が行われます。

山崎敏充、池上政幸、鬼丸かおる、木内道祥、山本庸幸

私は、×印を記入する人物を決めました。
最高裁判所の裁判官には、
国(政治家、官僚、大企業経営者とその仲間達)を守るのではなく、
一般の人々を守ってくれる人物になってもらいたいからです。

皆さまは、いかがなさいますか?
未記入ならば自動的に信任したことになります。




今回の記事と同じような記事は2年前にも書きました。
よろしかったらご覧ください。

最高裁判所裁判官を審査する。
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/blog-entry-1005.html




I will review the Supreme Court judge in 2014.
2014.12.06 Sat l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/1942-5c315b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)