現在の日本は、戦争をする国になろうとしています。

特定秘密保護法案が強行採決され、
軍事機密、国家の陰謀、政治家の悪行は隠蔽されることになりました。

さらに憲法を無視して、集団的自衛権も閣議決定されました。
もうすぐアメリカ軍の下請けとして、
中東などで戦争することになるでしょう。
地獄の始まりです。

無意味な戦争に行きたがる若者はいません。
そこで考えられる方法は徴兵制です。
ある日突然、赤い手紙が送られてきて、入隊を強制させられます。
拒否すれば刑務所に入れられ、拷問されます。
戦前の日本のシステムです。

現政権は、徴兵制はありえないと説明します。
皆さまは、どのように考えますか?

私は現政権と同意見です。
徴兵制はありえません。
というより必要ありません。
もっと冷淡な方法を使えば、若者の入隊志願者は増えます。

方法は単純です。
若者をもっと、もっと、今以上に貧困化させることです。

大学に行きたくても経済的に行かれない。
しかし軍隊で2年間働けば、大学進学費用は国が負担する(税金)、
という現在のアメリカのシステムを取り入れるのです。
若者は、喜んで入隊するでしょう。
その親も入隊を喜ぶでしょう。

私は、さらに非道いシステムが作られると考えます。

現在の日本は少子化が進んでいます。
子供を産みたくても、経済的な余裕がなく、
出産をあきらめる夫婦が多いらしいのです。

そこで次のような制度があったら、どうでしょうか?

出産費用は、すべて国が持つ(税金)、
出産後は子供を国の施設で育てる(税金)、
夫婦は安心して働くことが出来る、
子供はレベルの高い愛国教育を受ける、
大学までの費用はすべて国が持つ(税金)、
兵役終了後、立派な思想を持った若者が夫婦の元に返ってくる。

この制度を活用すれば、夫婦は何人でも子供を産むことが出来ます。
しかも面倒な子育てをしなくてすみます。
さらに老後になれば、たくさんの子供たちにより、
経済的に支えられます。

私は、この制度を「悪魔の契約」と命名します。
狂信的な軍人を大量増産出来ます。

金儲けのためなら、人を殺してもかまわない、
そんな考えを持つ集団ならすでに計画していると思います。




There is no need to conscription.
2014.10.21 Tue l 教育 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/1892-f1c693ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)