六本木、国立新美術館で開催されている<日展>へ行きました。
目的は、特定の条件の人の作品しか展示されていないのかを確認するためです。


DSCN6961_20131110144503f22.jpg


事前に格安チケットをゲットしました。


DSCN6964_2013111014450649c.jpg


ナニ! 11/11なら無料だったのか・・・


DSCN6962.jpg


3フロア、6ホールを使っての大規模な展示です。
まずは日本画コーナーから見学しました。


DSCN6965_20131110144508422.jpg


作品のレベルは高く、芸術性も高いのだろうと思います。

ものすごい技術と長期間に渡る忍耐力が必要なのは理解できます。

私としては、この作品を家に持ち帰って飾りたいかを基準に観ました。

欲しいか? 買いたいか? ポストカードをお土産にしたいか? です。


DSCN6966_20131110144509f67.jpg


これは江口寿史っぽくてよいな・・・

続いて洋画コーナー


DSCN6968_20131110144706f47.jpg


油絵は重たく、どんよりした作品が多いです。


DSCN6969_20131110144707449.jpg


写真? これは素晴らしい!


DSCN6970.jpg


モノクロ写真? 写真でいいんじゃないか?


DSCN6971_20131110144710ea6.jpg


なぜ手間暇かけて油絵にするのだろう?


DSCN6972_2013111014471241c.jpg


これは暖かみがあっていいな・・・

続いて彫刻コーナーです。
全裸祭りでした。
もしこれをシリコンで作ったらどうなるんだろう?


DSCN6974_20131110144829203.jpg


あっ! 山田洋次だ!!


DSCN6975_201311101448300d5.jpg


ダックスフンド・・・カワイイ・・・


DSCN6977_20131110144832185.jpg


続いて、工芸美術コーナーです。


DSCN6978_20131110144833925.jpg


謎の文様、謎の物体オンパレードでした。


DSCN6979_20131110144834a1d.jpg


会場が広いので歩いているだけで疲れてきます。


DSCN6980_2013111014493847f.jpg


DSCN6981_20131110144940432.jpg


DSCN6982_20131110144942ac6.jpg


DSCN6984_20131110144943bb2.jpg


DSCN6983_20131110144944df0.jpg


南部ダイバーだ!

もうひとつあった!!


DSCN6985_201311101451047ea.jpg


最後は書のコーナーです。

不正審査で問題になりました。


DSCN6986_201311101451061dc.jpg


入口付近に飾られるはずだった大先生の作品は撤去されていました。


DSCN6989_20131110145108245.jpg


飾られている書は・・・読めない・・・

良い悪い以前に何が書かれているのかわかりません。


DSCN6987_20131110145109848.jpg


私の祖父は、書道の師範の資格を持っていました。
いくら使ったのだろう・・・?


DSCN6990.jpg


父は、見よう見まねで篆刻をしていました。
何が良かったのだろう・・・?


DSCN6991_20131110145208a23.jpg


やっと見終わりました。

家に飾りたいと思う作品はありませんでした。
ポストカードも買いませんでした。


DSCN6994_2013111014520997a.jpg


国立新美術館の展示で満足出来ない人にオススメの場所があります。
3階の図書室です。
美術関連の本が大量にあり、無料で見られます。


DSCN6992_20131110145211a6e.jpg


「大きな会場で開催される美術の公募展で、
 無名な作家は相手にされない。
 お金を払って応募しても門前払いされる。
 会場に作品が展示されることはない。
 展示されたり、賞をとるためには、
 美術大学を出るか、大先生に弟子入りしなければならない。」

以前、ギャラリー巡りをしたとき、
ギャラリー経営の方から不平不満を聞いたことがあります。

よって調べることにしました。
受賞者はどんな人達なんだろう?
ネット検索してみました。


DSCN6973_2013111015301415a.jpg

http://www.nitten.or.jp/exhibition/tokusen.html#1


以下の表は、公式サイトと対応しています。
完全に正しいとはかぎりませんがご覧ください。


第45回日展(平成25年度) 受賞者の略歴

第1科 日本画

1、師匠:嶋谷自然
2、京都市立芸術大学
3、多摩美術大学 美術学部絵画科 日本画専攻卒業
4、中路融人先生に師事する
5、?
6、九州産業大学 芸術研究科 造型表現専攻
7、名古屋芸術大学大学院修了
8、?
9、武蔵野美術大学大学院 造形研究科 修士課程美術専攻 日本画コース修了


第2科 洋画

1、金沢学院大学 美術文化専攻科 美術工芸専攻卒業
2、白日会
3、京都工芸繊維大学卒業。日展会友。日洋会評議員
4、師匠:樋口洋
5、多摩美術大学卒業、洋画 一水会
6、東京芸術大学 修士(美術研究科 油画)
7、光風会会友、光風会会員、日展会友
8、白日会会員
9、金沢美術工芸大学大学院 修士課程 絵画専攻(油絵)
10、愛媛大学 教育学部 美術研究科修了


第3科 彫刻

1、?
2、日本彫刻会
3、日本彫刻会
4、日本彫刻会
5、京都教育大学大学院 教科教育専攻美術教育専修 修了
6、日展会友・日本彫刻会会員
7、筑波大学 , 博士 , 芸術学研究科 , 単位取得満期退学
  日展第3科(会友)、白日会彫刻部(会員)、
  公益社団法人日本彫刻会(委員・無鑑査会員)、
  美術解剖学会(会員)、美術科教育学会(会員)、
  大学美術教育学会(会員・教科内容学検討委員会 彫塑部門委員)
8、白日会 彫刻部会員
9、日本彫刻会、筑波大学博士 (芸術学)
10、名古屋芸術大学大学院 美術研究科修了、日展 会友、日本彫刻会 会員


第4科 工芸美術

1、日展会友、(社)美濃陶芸協会副会長、日工会評議員、CBCクラブ会員
2、東京芸術大学大学院 染織専攻修了、現代工芸美術協会本会員、
  日展会友、染織作家東京会会員
3、日本現代工芸美術家協会 本会員、現代工芸美術家協会九州会 会員
4、日工会
5、京都芸術短期大学入校、京都府立陶磁器訓練校入校、
  日本現代工芸美術家協会 本会員、美濃陶芸協会 会員、日展会友
6、?
7、日本現代工芸美術家協会本会員、石川県美術文化協会会員、
  金沢市工芸協会協議員、加賀友禅・日展作家の百貫俊夫に師事する
8、東京学芸大学 金工研究室 准教授
9、東京芸術大学 美術学部工芸科卒業、同大学院研究生修了、
  日本文化財漆協会会員
10、日展会友、現代工芸美術家協会会員、京都工芸美術作家協会会員、
   沖縄県立芸術大学非常勤講師


調べてみての感想は・・・

特定の大学に偏っていないのでバランスが良い!

特定の会に所属していると受賞しやすいのかな?

会員、会友って何なんだ? 費用は?

・・・です。

皆さまはどのように感じますか?


DSCN6996.jpg


日展は全国巡回展を行います。
地方では、出身者が日展に選ばれると喜び、地方紙の記事になります。
ひょっとしたら各都道府県に配慮した選考が行われているかもしれません。
ネット検索していて感じました。




NITTEN
2013.11.10 Sun l 教育 l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/1513-a36e7d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
金沢市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。