その1

地震はほとんど無くなった。
なので震災の記憶も無くなっていく。


その2

甲状腺被曝者が公表の10倍だった。
福島第一原発事故で、
癌が増える100ミリシーベルト以上の被曝をした作業員が、
約2000人いたことが分かった。
これは対象を広げて詳しく調べたら、
昨年12月の公表人数より10倍以上増えたとのこと。
検査を受けた作業員は、約半数なので、
単純に考えれば、被曝者は、約4000人である。
この人達の健康は国が責任を持って守ってもらいたい。
治療費はどうせ税金なのだから。


その3

放射線医学総合研究所が
「放射線被ばくの早見表」の記述を説明無しに変えた。
「100ミリシーベルト以下では癌の過剰発生がみられない」を
「100ミリシーベルト超では癌死亡のリスクが
 線量とともに徐々に増えることが明らかになっている」に変えた。
言葉遊び? 責任逃れ?

他にも、1回の胃のX線検診を0.6ミリシーベルトを
3.0ミリシーベルトへ変更・・・6倍!
これまでの値は何だったんだ??
これまでは誤魔化し?

専門家が放射線の正しい知識を発信しないことに愕然とする。


その4

福島第一原発は、海に汚染水を1日300トン流していたそうだ。
確か原発事故の数ヶ月後に収束宣言を政府が出したはず。
しかし現実は、全く収束していない。
この件は東京電力では解決出来ないので、
数百億円かけて国が行うとのこと。
資金は、全て私たちの税金である。

海に流された放射能は魚介類に蓄積される。
最近は話題にならないが、魚介類の検査はきちんとやっているのか?

それ以前に海の生き物にとってはいい迷惑である。
「なぜ俺たちも被ばくしなければならないんだ!
 きれいな海を返せ!!」
人間が一番駄目な生き物だと実感する。


その5

東京電力は、会社を黒字にするためには、
原発の再稼働か、電気料金値上げのどちらかしかないと
金融機関に試算を提示した。
これは原発を再稼働しなければ、
電気料金を値上げするという脅しである。
今でも管理職には¥10万円の臨時ボーナスを出す会社である。
もっと知恵を絞って、まともな提案をしてもらいた。


その6

広島、平和記念式典でのアホノミクスの挨拶が非道かった。
原発の海外への売り込み、憲法を変えて戦争参加をするのに、
核兵器の廃絶、平和など薄っぺらな言葉を述べていた。
福島原発事故への反省も無いので、
心の底では被ばくなどどうでもいいと考えているのだろう。

アホノミクスにとって、会場にいた人たちは邪魔者?
左翼のクソども、とでも考えているのだろうか?
終始、嫌な顔つきをしていた。


その7

新宿区立区民ギャラリーで開催された
「反原発へのいやがらせの歴史展」へ行った。
震災よりもはるか前から行われていた反原発運動、
そこに参加していた人々には、いやがらせの手紙が送りつけられた。
その現物を公開するものだった。

見ての感想は、キモチワルイ!
送りつけた人間は狂っているということ。
実行犯は、暴力団員だと想像出来る。
資金は、電力会社、原発製造メーカー、天下りをしたがる行政、
いわゆる原子力ムラの人間達が出し合っているのだろう。
反原発活動をしていた人達の個人情報はだだ漏れなので、
市町村の役所も協力しているはずである。

原発建設では自殺に見せかけた殺人事件が多数起こっているようだ。
もんじゅ事故の証拠ビデオを公表した人は自殺だったのか?
映画「原子力戦争」と全く同じであった。


DSCN2525_201308171207507b9.jpg


DSCN2526_20130817120751172.jpg


DSCN2527_201308171207536c0.jpg


DSCN2529_2013081712075684d.jpg


DSCN2528_201308171207541a1.jpg


どこまで腐る? 日本国!!




29 month after earthquake
2013.08.17 Sat l 自分用メモ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/1421-7b42cb90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)