皆さま、「上を向いて歩こう」に4番があったことはご存じですか?
私は数年前まで知りませんでした。

4番は、映画「上を向いて歩こう」のために付け足しで作られたものです。

上を向いて歩こう にじんだ星を数えて
思い出す冬の日 ひとりぼっちの夜
幸せは星の上に 幸せは月の上に
上を向いて歩こう 涙がこぼれないように
手をつなぎ歌おう 若い僕らの歌

映画は坂本九が主演の大傑作と言いたいのですが・・・

脚本がイマイチ・・・
なぜ、せっかく買った楽器をぶっ壊すんだよ!
物語全体が陰湿で観ていると苦痛になる・・・
せっかくの吉永小百合もとってつけたよう・・・
青春讃歌になっていない!
いわゆるプログラム・ピクチャーで終わっています。

それでも東京オリンピック前夜のエネルギーは感じます。
もうひと工夫すれば、時代の傑作になっていたように思います。

映画の出来が良かったら、4番の歌詞はもっと普及していたかもしれません。

この4番の音声を検索したら・・・載っていない・・・
よって作りました。
お聴きください。


「上を向いて歩こう」4番を
初音ミクが歌います。

Miku-Anime-Icon_20130701202214.gif
http://www.youtube.com/watch?v=Eu711MHET_c


永六輔は、この曲を当時の日米安保闘争における
市民運動の敗北を表現していると発言しています。

2013年現在、原発、福島、沖縄、国民の貧困化に由来する
日本の名曲は生まれるのでしょうか?

腐った日本のせめてもの救いはあるのでしょうか?




Sukiyaki Song - Hatsune Miku cover
2013.07.18 Thu l 音楽 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/1388-fa0bb861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)