日銀に大量の国債を買わせ、市場に大量の貨幣をばらまく。

貨幣価値が下がるので、富裕層は、株、土地、金を買いあさる。
表面的には経済が活性化したように見える。
貧困層は貯蓄の価値が下がる。

日本の貨幣価値が下がるので、円安になる。
輸出産業の業績は上がる。
輸入産業の業績は下がる。
輸入品の価格が上昇するので、貧困層の暮らしは苦しくなる。

物価が上昇するので、一部の企業の業績は上がる。
しかし、給料は上がらない。

いずれは返還しなければならない国債、
その借金総額は、約1242兆円・・・
国民一人当たり、約975万円・・・

参考
http://club.pep.ne.jp/~nonoyama/ShakinCounter/ShakinCounter.htm
http://www.kh-web.org/fin/
http://www.takarabe-hrj.co.jp/clockabout.html

日本発の世界経済破綻を防ぐために、
G20(財務大臣・中央銀行総裁会議)では、
海外から借金返済計画を示せと攻められたが、
選挙後までは、何も考えを示さないと開き直り。
選挙後に、公約に無い大増税、福祉カットを行うはず。

それに気づいている海外投資家は日本の株を売りまくり、
株価は急落する。
それを防ぐために、年金積立金管理運用独立行政法人が
積立金を株に投入する。
年金が消失しても誰も責任をとらないだろう。
年金額が減らされるのみ。

一連の経済政策は、政治献金をする企業、団体に利益を誘導するため。
献金をしない人間からは徹底的にむしり取る。

バブル時代の好景気をめざしているようだが、バブルは崩壊する。
そのため現在の銀行の利息は低い。
歴史認識が無いので、同じ過ちの繰り返す。

昔の例えで「風が吹けば、桶屋が儲かる」という言葉があるが、
今回の経済対策は、「風が吹けば、棺桶屋が儲かる」である。




Ahonomikusu
2013.07.05 Fri l 社会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/1371-6e8da22c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)