ああ・・・卒業の季節か・・・ということで作りました。
お聴きください。


「蛍の光」を初音ミクが歌います。
miku-443-80_20130217183515.jpg
https://www.youtube.com/watch?v=bP5f6SHZ3BQ


スコットランド民謡、作詞 稲垣千頴

蛍の光 窓の雪
書読む月日 重ねつゝ
何時しか年も すぎの戸を
開けてぞ今朝は 別れ行く

止まるも行くも 限りとて
互に思ふ 千萬の
心の端を 一言に
幸くと許り 歌うなり


・・・で話は終わりません。

調べていたら、3番、4番の歌詞の存在を知りました。


筑紫の極み 陸の奥
海山遠く 隔つとも
その眞心は 隔て無く
一つに尽くせ 國の為

千島の奥も 沖繩も
八洲の内の 護りなり
至らん國に 勲しく
努めよ我が背 恙無く


太平洋戦争の末期、昭和19年まで歌われていたようです。
昭和20年には、敵国の歌として禁止されました。
(昭和20年の卒業歌は、先日投稿した「花かをる」です。)


本土から離れた島も我々のものだ!
それを守るために国に尽くせ、という内容です。

ひょっとしたらこの歌詞は、
現在の政権により学校現場で復活するかもしれません。

私としては、この歌詞は古く感じます。

今は、インターネットで世界がつながったり、
海外からお取り寄せも出来ます。
国を超えて大気汚染になったり、
海を越えて放射能をまき散らしたりしている時代です。

「一つに尽くせ 國の為」よりも

「一つに尽くせ 地球の為」 が良いと思います。


ではまた・・・ ジュワッ!




Hotaru no hikari - Auld Lang Syne - Hatsune Miku
2013.02.24 Sun l 音楽 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/1199-22c36e6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)