このブログで連載していた「マーくんへの手紙」について解説します。

初回はこちら・・・マーくんへの手紙 その1
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/blog-entry-1161.html


この物語は、私の創作です。
実在する人物はいません。
現在の日本には、不良、ツッパリ、ヤンキー、愚連隊、暴走族、
チーマー、半グレ、暴力団員、ヤクザなどが多数存在します。
なぜこの種の人物が出現するのかを考えました。

学校教育によるものではありません。
もし学校教育によるものであれば、もっと大多数の人間が暴力的になります。
学校内で暴力行動が起こりやすいので、学校のせいだとされます。

社会のせいでもありません。
どんなにつらい目にあっても真面目に生きている人間が大多数です。

暴力的な人間が育つのは、家庭教育によるものだと思います。


マーくんのママは、最低な母親でしょうか?

最低ではありません。
マーくんに手紙を書いているだけマシです。
愛情が皆無ならば、手紙も書かないはずです。

現実には幼い子供を虐待死させる親もいます。
それに比べたらマーくんのママは天使です。


マーくんは最低な子供でしょうか?

最低ではありません。
この物語時点では、強盗も殺人もしていません。

現実には同級生を自殺に追い込んで喜んでいる子供もいます。
それに比べたらマーくんも天使です。


この物語では、直接的な表現を避けるという方法をとりました。
このブログの他の記事で頻繁に使っている方法です。

例えば、白い粉というのが登場しますが、
私はいっさい断定していません。
ワンちゃんが喜ぶナニカとしか書いていません。

読んでくれる人には、
「これってアレだよな・・・アレに違いない!」
と想像して欲しいのです。
いっしょに物語を作ってもらいたいのです。


この物語は、最大の問題提起で終わっています。
最初から最後まで読んでくださった方には想像して欲しいことがあるのです。

それは・・・マーくんのパパ、父親です。

子育ては母親がするものと、現在の日本ではなっていますが、
それでいいのでしょうか?


以上、自分の作品を自分で解説しました。
全14回の愛読ありがとうございました。

特に毎回熱いコメントをくれたtoshi様、ありがとうございました。




Commentary of Letter from mother
2013.02.23 Sat l 教育 l コメント (3) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんばんは!!

いやいや、勉強になります。。。

編集長さんは奥が深いです。。。


子育て方法、考えさせられます。


いつも有難うございます!!

*いっしょに物語作れて光栄です。。。

2013.02.23 Sat l Toshi300301。. URL l 編集
No title
長い連載にお付き合いくださり、ありがとうございました。
toshi様のお子さんたちは、絶対に立派な人物になると確信しています。

実は、「ユウくんへのメール」というのも構想しているのですが、気が滅入ってくるので止めています。

毎回のコメントありがとうございました。
2013.02.24 Sun l 編集長. URL l 編集
No title
おはようございます。

私も気が滅入りそうです。。。。。


いつも有難うございます!!
2013.02.26 Tue l Toshi300301。. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/1197-060b73ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)