皆さま、Crash Course In Scienceというバンドをご存じですか?
私は全く知りませんでした。

今回、そんなバンドの曲を初音ミクで作りました。
作った理由は、YouTubeチャンネル登録の方から
リクエストがあったからです。

Crash Course In Scienceは、1976年結成のフィラデルフィアの
ポストパンク・ミニマル・シンセ・ウェーヴ・バンドだそうです。
YouTubeに大量の動画がありました。
聴いたら、シンセサイザー、リズムボックスが発売された当時の
音楽自主制作少年の夢がつまったような音でした。
1980年代私も似たような音を作って喜んでいました。

「Flying Turns」はジェットコースターのように
音の上がり下がりがある曲でした。
これなら出来ると思い作りました。
よろしかったらお聴きください。


「フライング・ターンズ」を初音ミクが歌います。
miku-443-80_20130125200109.jpg
http://www.youtube.com/watch?v=PRFiWEGVuAE


歌詞は、訳詞をしました。

落ちてゆく この手を離し
現実に 起こること

連鎖の中 巻き込まれて
いつかは 終わること

右か左か 選べはしない
可能性 知ること


リクエストしてくれた方のおかげで
Crash Course In Scienceの存在を知りました。
ありがとうございました。

ちなみにこの方は、YOU ARE THE BESTとコメントしてくれた方です。
アメリカ合衆国在住で、北朝鮮にものすごく感心がある方のようです。
自画像(?)はターバンを巻いています。
この方のチャンネルを見るとその個性がわかります。




Crash Course In Science - Flying Turns - Hatsune Miku
2013.01.25 Fri l 音楽 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/1134-9041f9c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)