皆さま、クリスマス・プレゼントの思い出はありますか?
私はあります。

幼い頃、父母が買ってくれました。
具体的に何を買ってもらったかは忘れてしまいましたが、
嬉しかったです。
よってクリスマスの季節はウキウキしていました。
「おとうさん、おかあさん、ありがとう!」
私は両親に感謝しています。
クリスマスは親子の愛情を深める良いイベントだと思います。

しかし、最近、テレビ・ラジオを聴いていて気になる事があります。
子供にサンタは本当にいると信じ込ませている親がいるらしいのです。
しかも出演者たちは何を恐れているのか?
サンタはいない発言を抑制しています。
ディズニーランドの着ぐるみミッキーの中に、
人は入っていない発言と同じです。
あえて楽しい雰囲気をぶち壊せとは言いませんが、
気持ちの悪い偏りが生じていると思います。

子供はいずれ知恵がつき、サンタクロースが実在しないと気づきます。
それに気づいたとき、子供はどう思うのでしょうか?
私が子供だったらこう思います。
「よくぞ今まで騙してくれたな!
 おかげで学校で恥をかいたじゃないか!!」

私は、ウソツキが大嫌いです。
自分が騙されたと思ったら、心底憎みます。

私は、クリスマス・プレゼントを父母からもらいました。
サンタクロースにもらったわけではありません。
よって騙されたという屈辱的な経験はありません。

子供にウソをついて楽しむのは悪いことだと思います。
このような環境で子供が育つと・・・
「人を騙すことは正しい事だ。それが素晴らしい。」
という発想の人間になると思います。

子供に対してサンタクロースはいないと断言する必要はありませんが、
もし子供にサンタはいるのかと質問されたら、
親はクリスマスの意義だとか、サンタクロースの由来だとかを
大人として語るべきだと思います。

サンタクロースは、概念です。
平和とか愛情のシンボルとして存在すると思います。



2012.12.27 Thu l 教育 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
小学校3.4年にもなってサンタクロースさんに”無邪気に”1万以上する品物をお願いする子供。
うちの子はサンタクロースを純粋に信じているんだから夢を壊してはいけないという親。
ずっと違和感を持っています。

騙されたと怒る子供はいないと思うけどこんな思い込ませ必要ないのではと思います。

2012.12.28 Fri l ゆじゃ. URL l 編集
No title
コメントありがとうございます。
バブル時代に日本人は魂を失ってしまったと思っているのは、私だけでしょうか?
そしてバブルの亡霊が40代の女性には、生き続けているように感じます。
全員ではないと思いますが・・・
2012.12.28 Fri l 編集長. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/1074-76dc1019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)