何の情報も無く、国の未来を決めていいのか?
そんな単純な考えから書いた記事です。
以下は、2012年11月17日分の再録です。



皆さま、2011年は、日本国の一大転機だっだことを
憶えていらっしゃいますか?

地震、津波、原発爆発、放射能汚染・・・
そんなちっぽけな出来事ではありません。
戦前元年だったのです。

何を大げさな事を言っているんだ!・・・と思う方は、
今後訪れる軍靴の響きにジワジワと怯えてください。


2011年1月17日、君が代不起立訴訟において
戒告処分は「裁量の範囲内」と最高裁が初判断をしました。
最終的には、起立命令は合憲だが、減給や停職はやりすぎだとなりました。

高校の教員は、なぜ卒業式で君が代を起立せず歌わなかったのだろう?

それは日の丸、君が代を使った洗脳教育が
かつて学生を戦場へ向かわせたから。

東京都教育委員会は、なぜ卒業式で君が代を強制したのだろう?

それは日の丸、君が代を使った洗脳教育を行い、
学生を戦場へ向かわせたいから。

何を大げさな事を言っているんだ!・・・と思う方は、
現在、尖閣諸島で行われている攻防戦をお考えください。
事の発端は、核武装をしたがっている同一人物によるものです。


2011年6月6日、最高裁判所第一小法廷では、
5人の裁判官の中の1人、宮川光治裁判官が反対意見を述べました。

「式典における起立斉唱は儀式におけるマナーでもあろう。
 しかし、そうではない人々が我が国には相当数存在している」
「日の丸や君が代を軍国主義や戦前の天皇制絶対主義のシンボルで
 あるとみなし、平和主義や国民主権とは相容れないと考えている」
「少数ではあっても、そうした人々はともすれば忘れがちな歴史的・
 根源的問いを社会に投げかけているとみることができる」

しかし、起立命令は合憲になりました。


この起立命令は、とても姑息な手段です。
東京都教育委員会は、直接的な命令はしません。
各高校の校長に対して、教員に対し職務命令を出すように指示します。
校長は、教員に対して君が代の斉唱と起立を命令します。

もし教員が斉唱、起立しなかったら、
校長の職務命令に対する違反になるのです。
東京都教育委員会が思想心情を
強制したわけではないという理屈になります。
上司からの命令違反として罪に問われるのです。

職務命令に違反する教員は、組織に置いておけない、
減給、停職、さらには懲戒解雇するというのが方針です。
大阪ではより明確な条例になりました。

つまり戦争反対を訴える人物は教員にしない。
上からの命令に絶対服従する人物を教員にするということです。

皆さま、朝の連続テレビ小説を、ご覧になったことはありますか?
戦前の日本の教育について繰り返し描いています。
見たことがない方には、『カーネーション』をオススメします。
あの世界がすでに始まっています。

しかも最高裁判所のお墨付きのもとで!

行政が思想良心を間接的に制約することは合法になったのです。
洗脳教育は、脱法ではなく、合法です。

戦争は巨大な公共事業です。
大儲けが出来るのでやりたがる人物は大勢います。


反対意見を述べた宮川光治裁判官についてはマスコミ報道がありました。
しかし、賛成をした4人については報道がありません。
なぜだろう?

調べました。
判決文を見たらわかりました。
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20120116162214.pdf
http://kanz.jp/hanrei/data/html/201201/20120116162214.html

裁判長裁判官 金築誠志・・・賛成した人物
裁判官 宮川光治・・・反対した人物
裁判官 櫻井龍子・・・賛成した人物
裁判官 横田尤孝・・・賛成した人物
裁判官 白木 勇・・・賛成した人物

各人物についても調べました。
詳細はこちらをご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%80%E9%AB%98%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%AE%98

えっ! 宮川さん、2012年2月27日で定年退職しちゃったの?
ふう~~、残りは戦争賛成派ばかりかよ・・・

最高裁判所裁判官って何なんだ?

内閣が任命した人物・・・って・・・

えっ? こいつらが任命したの!!

こいつらのお気に入り?

同じ穴のムジナ??

公害訴訟、薬害訴訟、いろいろあるけれど、
最終的には政府にとって都合の良い判決が出るはずだ・・・


もうすぐ衆議院選挙があります。
裁判官を決める最高裁判所裁判官国民審査もあります。
投票者は罷免すべきだと思った裁判官の氏名の上に×印を書き入れます。

戦争に反対する人は、
戦争賛成派の裁判官に×印を付けましょう。

戦争に賛成する人は、
戦争反対派の裁判官に×印を付けましょう。

どちらでもよいという人は、
徴兵制になったとき、優先的に入隊してください。
私は御免です。


Unclesamwantyou_20121116193540.jpg


選ぶのは、君だ!



2012.12.13 Thu l 社会 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/1048-54c3d681
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)