皆さま、2016年はいかが過ごされましたか?
私には、良いこと、悪いこと、楽しいこと、不愉快なこと、
どうでもいいことなど、いろいろありました。

本来なら創作活動をするのが好きなのですが、
あまり出来ませんでした。
オリジナル曲、初音ミク、猫動画、
絵を描くアイディアもあるのですが手つかず、
文章、論文も同様です。
あせってやることではないので、後の楽しみにします。

東京23区内を走行するのも出来ませんでした。
豊洲にもう一度行きたい・・・


2016年、膨大な時間を費やして実行していたのは、
美術館、ギャラリー巡りです。
このブログには、極一部ですが、その鑑賞の記録を残しました。
以前、素晴らしいと思った若手の作家が、
大きなコンクールで賞をとったり、
作品を出版したりすると嬉しくなります。
創作活動を続ける若い人たちを見ていると、
日本も捨てたものではないという気になります。

NHKスタジオパークにもよく行きました。
憧れの俳優たちに直接会えるのは本当にありがたいです。
いずれ、能年玲奈、橋本愛にも会いたいです。

タワーレコードのインストアライブは、
回数が減りましたが行きました。
生ハムと焼きうどん・・・強烈でした。


自宅にいるときは、TBSラジオを聞きながら、パソコンです。
好きな番組はラジオサーバーで録音して後で聴いているのですが、
4月から午前中、伊集院光、ジェーンスーの番組が始まったため、
聴ききれない状態が続いています。
いつも一週間前の録音を聴いている状態が続いています。

テレビ番組は、「あさが来た」「重版出来」が素晴らしかったです。
再放送の「てるてる家族」良かったです。
「タモリ倶楽部」「笑う洋楽展」「世界ネコ歩き」「植物男子ベランダー」
楽しんでいます。
「孤独のグルメ」のスペシャル版、見逃してしまった・・・
「深夜食堂」はネット配信だったので、見ていない・・・
「侠飯」は全話録画しておいてよかった・・・

映画は、映画館で見たのは、「シンゴジラ」のみ。
DVDで見て良かったのは、
実写版「進撃の巨人」「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」。
細部でつっこみを入れたくなる作品ですが、
ものすごく納得のいくストーリーでした。
現在の日本、アジア、世界状況が盛り込まれています。
町山智宏、エライ! 私としては大拍手です。

塚本晋也版「野火」は、中学生、高校生が必見の作品。
「猫なんかよんでもこない。」は、ネコの演技が素晴らしかった。

本、漫画は、ちょこちょこ読んでいます。
今年、この作家は素晴らしい、著作はすべて読まなければ!
という出逢いがありました。
後日、別記事にします。

食べ物は、相変わらずラーメン中心の生活です。
このブログではほとんど記事にしていませんが、
新宿での物産展ラーメンは全て、
自分の行動範囲内のラーメン店もほぼ食べ尽くし、
3日に一杯は新店で、という状況です。
よって現在、増量しています。
以前、13キロ減量したのですが、元に戻りつつあります。
最近、街の中華屋が突然閉店になることが多いです。
後になってからでは食べられません。
減量は後からでも出来ます。
体重よりもまだ食べていない店の味を確かめるほうが重要です。

このブログを読み返すと、激安食品の記事が多かったです。
食品の値上がりが激しかったので、
それに対抗していたのだと思います。


目を日本、世界に向けると2016年は、
最低、最悪が更新された年でした。

地球温暖化により気温が上昇し、異常気象が起こり、
東京では天候不順が続き、春、夏、秋は雨ばかりでした。
日本は四季がある美しい国というよりも、
夏の前後は雨期、寒暖差の激しい国になったように思います。

地震、台風により被災地は増え続けました。

日本の政治は最低、最悪です。
戦争法により自衛隊は派兵され、
年金はカットされ、
扶養控除もカットされ、
第三のビール、発泡酒は値上げ、
TPP法案強行採決、
カジノ法案強行採決、
国の借金は増え続け、
ヘイトスピーチに罰則を与えず、
沖縄の人々に対し、蔑視発言、さらに肯定化、
政権に褒められたくて障害者を大量殺人、
いじめ、過労自殺は増え続け、
オリンピックに向けてドブ捨て公共事業、
終わった後、自治体は借金づけ確定、
豊洲汚染市場は負のレガシー、
海外協力の名の下にドブ捨て公共事業、
貧富の差は拡大し、
子供の6人に1人は貧困で苦しみ、
原発廃炉に莫大な費用、
震災復興は後回しなどなど。

何か、いいことありましたっけ?

世界の政治も最低、最悪。
日本と同様に、強欲な独裁者が次々と大統領になり、
テロは毎日、戦争も毎日。
新聞、テレビ、ラジオを見聞きしていると
毎回吐き気がしてきます。

選挙の重要性をあらためて知る一年でした。


さて、2017年はどのような年になるのでしょうか?
日本、世界は最低、最悪をさらに更新していくと思います
しかし、それに負けないように頑張るのが
個人の努めかなと考えています。

現在、日本は猫ブームです。
このブーム、世界中に広まったら、
人々の考えが少しは変わると思います。
弱者に対する思いやり、命の大切さ・・・
思想としての猫は人類を救うかもしれません。




An impression of 2016
2016.12.31 Sat l あいさつ l コメント (0) トラックバック (0) l top