皆さま、ドラマ「アオイホノオ」はご覧になっていますか?
私は、現在、各話を5回ずつ繰り返して観ています。

原作者、島本和彦は「宇宙戦艦ヤマト」の大ファンです。
ドラマの中で語られる場面がとても多いです。

私は年齢的に数歳下なのですが、
プラモデル、戦争映画、「コンバット」などのミリタリーファンだったので、
「宇宙戦艦ヤマト」は、リアルタイムで観ていました。
ものすごく面白かったです。

そうだ、「宇宙戦艦ヤマト」を初音ミクに歌わせよう!

ということで作りました。
お聴きください。


「宇宙戦艦ヤマト」を初音ミクが歌います。
Miku-Anime-Icon_20140830180057d9f.gif
https://www.youtube.com/watch?v=uCSkRFCfgng


調べたら、幻の歌詞、3番4番があることを知りました。
よって、追加で作りました。


「宇宙戦艦ヤマト」3番4番を初音ミクが歌います。
Miku-Anime-Icon_20140830180057d9f.gif
https://www.youtube.com/watch?v=ef610XH2iCI


私にとって「ヤマト」は、大好きだった作品なのですが、
島本和彦、岡田斗司夫が語るほどのビッグ・タイトルではありません。
アニメなら「ルパン三世」「はじめ人間ギャートルズ」「侍ジャイアンツ」
「オバケのQ太郎」などの方が繰り返し見て、喜んだ作品です。
どうやら私は人間ドラマの方が好きなようです。

自分・・・ メカはイマひとつ・・・ 萌えない・・・

宇宙戦艦ヤマトのメカに関して言えば、
第二次世界大戦当時の戦艦大和の時代遅れ装備に、
何を無理矢理くっつけているんだ! ・・・と違和感をおぼえていました。

波動砲って、単なる核兵器だよな・・・ 人類って馬鹿なんだ・・・

物語の面白さに興奮する一方、それを冷めて見る自分もいました。
意図された通りに感情が動かされたと思います。
それがこの作品の魅力でもありました。

さらば~~~ チキュウよ~~~




Space Cruiser Yamato - Star Blazers - Hatsune Miku cover
2014.08.31 Sun l 音楽 l コメント (3) トラックバック (0) l top