本日、お茶の水、明治大学駿河台キャンパス リバティタワー1階 1011教室、
<明治大学・鳥取県連携講座 谷口ジローの味わい方>に行きました。
事前申し込みによる無料講座です。


DSCN4961_20120930193303.jpg


講師は、『孤独のグルメ』の作者・谷口ジロー、
漫画研究家・夏目房之介、
明治大学准教授・宮本大人です。


DSCN4965_20120930193302.jpg


本日は、台風が接近している状況でした。


DSCN4966_20120930193302.jpg


うわ~~~、大学の講義室って久しぶりです。
机の間隔ってこんなに狭かったっけ・・・


DSCN4967_20120930193302.jpg


資料をもらって準備万端・・・


DSCN4969_20120930193302.jpg


フォ~~~! 講義の開始です。
明治大学の創始者は、鳥取県出身だそうです。

准教授が、パソコンで漫画のスキャン映像を投影して、解説をします。
続いて、夏目先生が、谷口作品の素晴らしさを語ります。
准教授はそのたびに作品を投影します。


DSCN4968_20120930193302.jpg


作品の細かな点について谷口先生が解説をします。
しかし、昔の作品についてはあまり詳しく憶えていないとのこと。

自分が影響を受けた漫画家の話。

作品を描いていたときの心情。

背景の緻密さは、私が支持を出してアシスタントが実行している。

スクリーントーンの技が優れているため、
フランスの漫画家からトーン張りの仕事の依頼がきた。

SF作品で描いた見開きの情景ページは、描くのに一ヶ月間かかった。

『孤独のグルメ』は、最初、単行本は売れず、反応が無かった。
文庫になってから売れ始めた。

などなど・・・

何ということでしょう!
台風接近ということで30分早く終了することになりました。
本来なら、シートン動物記などの学習本に描いた動物漫画についての話が
予定されていたのですが、カットされてしまいました。

それでも90分間、内容の濃い講義を受けることができました。
講義というと堅苦しいです。
はっきり言って、マンガ夜話でした。

先生方、とても勉強になりました。
ありがとうございました。


DSCN4971_20120930193315.jpg


谷口作品の過去作を全て読みたくなってきました。




以下、谷口先生と関係の無いことを書きます。

今回の講義、音響セッティングは、なぜこれほどまでに悪かったのでしょうか?
ものすごく近代的な建物なのに関わらず、
人に話を聞かせようという発想が全くありませんでした。

具体的なことを申しますと、平らな会場なのにも関わらず、
スピーカーが床にありました。
音は、空気の波です。
音源と耳の間に障害物があると、波は直接伝わらないのです。

よって音がモコモコと、こもってしまい、話の半分しかわかりませんでした。
ものすごく残念でした。

改善するためには、
スピーカーの位置を床から2メートルの高さに設置することをオススメします。
そうすれば、明治大学の学生さんたちも
内容が伝わる講義を受けることが出来ると思います。

駄目なのは音響だけではありません。
講師の姿がほとんど見えませんでした。

平らな会場なのにも関わらず、講師が普通の椅子に座って話していたので、
話をしている姿が見えませんでした。

人の話を集中して聞くには、その人の顔を見ることは絶対的に必要なのですが、
それが出来ませんでした。

具体的に改善するなら、講師の席を床から50㎝高い位置にするべきです。

高額な費用を使わなくても、学習環境は改善出来ます。
明治大学の発展を願います。



2012.09.30 Sun l 教育 l コメント (2) トラックバック (0) l top