ヘイ! ヘイ! ユー! ユー! ひゃっほ~~~

アブリル・ラヴィーンの新譜を遅ればせながら買いました。
ボーナストラック、DVD付きで¥1380円です。
同じ製品は、日本盤で出ていたのですが、価格が¥2940円でした。


DSCN2137.jpg


喜んで自宅に戻り、開封したところ・・・


DSCN2138.jpg


CDは入っておらず、DVDが2枚入っていました。

ああ・・・どうしてこんなミスが?

私の脳裏に浮かんだのは、
映画『ボーリング・フォー・コロンバイン』で取材されていた黒人のオバチャン。

工場で奴隷のように働く低賃金労働者・・・
目の前を流れていくCDケース・・・
そこにCDを一枚はめ込む・・・
さらにDVDを一枚はめ込む・・・
長時間の単純作業に感覚が麻痺していく・・・

しまった! DVDを2枚入れてしまった。
工場長に報告してもよいのだが、この生産ラインを止めるわけにはいかない!
オバチャンは、つじつま合わせに、
次のケースにCDを2枚入れる・・・

カナダの労働条件ってどうなのでしょうか?
ちなみにこの製品の会社は、SONY MUSIC。

滅多にない不良品の発生過程を妄想してみました。
ちなみにアブリルは、悪くありません。



・・・不良品の交換は、すぐにしてもらえるけれど、わざわざ行くのが面倒くさい・・・
んんんんん~~~~~~

あっ! そうだ、あの店でラーメンを食べればいいんだ!
そのついでと考えれば、苦にならない!

そんな日々・・・



2011.09.30 Fri l 商品観察 l コメント (0) トラックバック (0) l top