2016年8月、中国で販売されているカップヌードルを入手しました。


DSCN3204_201612281701441a9.jpg


ひとつは、カレー牛肉味。


DSCN3206_20161228170145b3f.jpg


成分は・・・ わかりません。


DSCN3205_20161228170147800.jpg


フタを開けたら、フォークが入っていました。


DSCN3208_201612281701480a9.jpg


流通、販売、屋外で食べることを考えると、合理的だと思います。


DSCN3210.jpg


いただきます。


DSCN3211.jpg


中国特有の香辛料は、好みが分かれるところだと思いますが、
日本のカレー味よりも贅沢な味わいでした。


続いては・・・


DSCN3209_2016122817025292d.jpg


カレーシーフード味です。


DSCN5665.jpg


フォーク、同じ。


DSCN5666_201612281702552fc.jpg


いただきます。


DSCN5667_201612281702569c5.jpg


中国特有の香辛料は、好みが分かれるところだと思いますが、
日本のカレー味よりも贅沢な味わいでした ・・・って、同じ感想。


DSCN5669.jpg


この合味道というシリーズ、日本国内でも販売すればいいのにと思っていたら、
2016年11月に販売されました。


DSCN9001_2016122817042162f.jpg


総選挙って言葉、新鮮みが無いな・・・


DSCN9002_20161228170422d7e.jpg


DSCN9004_20161228170424640.jpg


DSCN9012.jpg


スパイシーシーフード味・・・ 中国特有のあの風味が加わったものか?


DSCN9003_20161228170425e12.jpg


合味道ってなんだよ? と思っていたら・・・


DSCN9007_20161228170612b0c.jpg


食べてから読みます。


DSCN9008_2016122817061322d.jpg


いただきます。


DSCN9011_20161228170615772.jpg


あれ? あの風味がしない。
いつものシーフード味が辛くなっただけでした。

んん~~~ 日本人向けにアレンジが必要だったのかな?
あの味、慣れれば美味しいんだけどな・・・


DSCN9015.jpg


何はともあれ、中国から伝わった麺文化が、日本で発展し、
中国向けの製品になり、それが逆輸入される!

日本と中国は食でつながっていると実感しました。




Cup noodles sold in China
2016.12.28 Wed l ラーメン l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

トリビアが今ひとつ正確ではない。
編集長

 私が住んでいる場所は香港に近いので「合味道」バージョンなのですが、北京語の「開杯楽」バージョンもあります。上海などはこちらです。「カイ・ベイ・ルー」と発音します。

それから、




 スプーンじゃなくて、フォークだろ!

 安藤百福さんは、カップヌードルは箸ではなくフォークで食べることを提唱していました。日本では実現していませんが、安藤さんの理想のカップヌードルの食べ方がこれなのです。

香辣海鮮味はこちらで売っているのと味が違うのでしょうか?次回食べ比べたいと思います。
2016.12.28 Wed l 物欲の帝 in CHINA. URL l 編集
No title
情報ありがとうございます。

食べ物で人を幸せにするのは素晴らしいですね。
ブルー、ブルー、ブルースカイと、口ずさんでしまいます。
2016.12.31 Sat l 編集長. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://hennsyuutyou.blog24.fc2.com/tb.php/2737-59278a3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)